応募作品詳細


コメント

※コメントは管理者の承認後、サイトに表示されます。

  1. まきこ より:

    生まれてすぐ捨てられた兄弟犬5匹のうちの1匹。
    保健所から2軒の一時預かりさん宅へ移る時、同じく白い子と入れ違って予定されていたのとは違う家へ。
    別の兄弟犬の里親に応募した時、その子の写真のすぐ下に表示されました。
    予定された家へ行っていたら写真は別の場所に表示されて私の目に留まることはなかったはずです。
    初めての犬なので犬を育てる大変さをあまり知らず、1匹じゃ可哀想かな、犬語で会話できる相手が欲しいだろうなと思ってすぐ下の写真のこの子も家族に迎えることにしました。
    一時預かりさん宅を間違えられなければうちに来ることはなかった子。
    「どうしてももう一匹の兄弟と一緒にあの家の家族になるんだ!」とわざと間違えてもらったに違いない…、一匹でどこかへ行くのが怖いから兄弟と一緒に暮らせる家を求めていたのかもしれません
    世の中のすべてのものが怖いのでは?と思うほど怖がりな癖に、ドッグランで筋肉をいっぱいつけ、走ること跳ぶことは誰にも負けないぐらい元気に育ってくれました。

    もう一匹の兄弟犬と耳掃除しあったり、